割り箸を使った発声練習

人がもっとも自然な状態で発っする声を地声と言います。 この地声を活かす発声練習法に、割り箸を口を挟んで行なう方法があります。 割り箸を使った方法を行っていくと、言葉が口に籠もらなくなるようになります。 また、変なところに力が入らず、声帯も開きやすくなるので、通常よりも良い声が出せるようになるのです。 この方法のやり方は、割っていない割り箸の平らな面を奥歯で噛んで固定をします。 その状態で、舌や唇の動きに注意しながら声を出します。 割り箸を使った練習法は、滑舌をよくする目的でも行なわれています。 割り箸を口にくわえたままで早口言葉を言う訓練を続けていくと、滑舌が良くなってくるのです。


おすすめグッズ

サイトMENU

Copyright (C) 自分でボイストレーニング 発声練習講座. All Rights Reserved.