発声練習には

発声練習には、大きく口を開けて行なう、はっきりと発音をするためと、口を少しだけ開けて行なう、地声を生かす方法や、横隔膜を鍛える方法があります。 口を大きく開けて発声すると、自然と大きな声が出ます。 しかし、これだと声帯が開いてない場合が多いのです。 声帯が開いてない状態での発声は、声は大きくても綺麗に響かない声になってしまうのです。 そこで、口を少しだけ開けて行なう練習も必要になってくるのです。 口を開けないで声を出そうとすると、嫌でも声帯を開かなければなりません。 声帯が開いた状態だと、響く声が発声できるのです。 大きくはっきりとした響く声を出すためには、この二つの発声練習が必要になります。


おすすめグッズ

サイトMENU

Copyright (C) 自分でボイストレーニング 発声練習講座. All Rights Reserved.