発声練習の呼吸法

発声練習の基本は、腹式呼吸でのトレーニングです。 腹式呼吸だと、身体に深く息が入り、吐く息の量も多くなって、大きく通る声が出せるようになるのです。 また、腹式呼吸は緊張を取り除き、集中力を高めるという精神的な効果もあります。 腹式呼吸をするためには腹筋を上手く使えるようにする必要がありますが、腹式呼吸の感覚がわからない場合は、仰向けに横たわって呼吸をしてみましょう。 人はリラックスしている状態だと自然と腹式呼吸になっているので、横になっているときは、無意識に腹式呼吸で息をしているのです。 発声練習を行なう前に、まずは腹式呼吸を得とくする必要があるのです。 腹式呼吸が全くできないと言う人は、身体運動の経験が不足している場合もあるので、そういう時は、腕立て伏せやスクワットなどのエクササイズを行なうと腹式呼吸を習得できるようになるようです。


おすすめグッズ

サイトMENU

Copyright (C) 自分でボイストレーニング 発声練習講座. All Rights Reserved.