喉を開いた状態で行なう

発声練習を行なうには喉を開くことが大切になります。 喉が開いていない状態で、声を出そうとすると、声帯に負担がかかり喉を痛めてしまう可能性があるからです。 声帯に負担をかけないようにするには、顔の筋肉が自在に動かせるようになる必要があります。 顔の筋肉が柔軟になり自在に動かせるようになると、声を出す時に使用する口や口の周りの筋肉も動かしやすくなります。 すると、喉も開きやすくなり、発音も綺麗になるのです。 喉を痛めた状態で、無理に発声練習を続けていくと、声が出なくなってしまったり、咽喉周辺に激しい痛みが生じる場合もありますので注意が必要です。 発声練習中に喉が痛いと感じたときは、早めに耳鼻咽喉科を受診することをお勧めします。


おすすめグッズ

サイトMENU

Copyright (C) 自分でボイストレーニング 発声練習講座. All Rights Reserved.