発声練習の注意事項

発声練習を行なう時は、次の事柄に注意して行ないましょう。 1、発声練習の前には必ずストレッチをする。 声を出すためには身体の筋肉を柔軟にする必要があります。 そこで、発声練習をする前にストレッチを行なって身体をリラックスさせます。 2、発声練習は正しい姿勢で行なう。 正しい姿勢ができていないと、いくら発声練習をしても上達しにくいといわれています。 3、喉を開き、腹式呼吸を心がける。 喉が閉まっている状態で声を出すと、喉を痛めてしまう可能性があります。 発声練習をする時は、喉が開きやすくなる腹式呼吸で行なうようにしましょう。 4、体調が悪い時や、声の変調が気になった時は無理をしない。 身体のコンディションが悪い時に、無理に発声練習をしようとしても上手く 声は出せません。 そんな時は無理をせずに、休むようにしましょう。 5、喉の痛みを感じたら耳鼻咽喉科へ行く。 当たり前の事ですが、発声練習中に喉に痛みを感じたら早めに病院を受診しましょう。 上記のことを守って正しく発声練習を行なうようにして下さい。


おすすめグッズ

サイトMENU

Copyright (C) 自分でボイストレーニング 発声練習講座. All Rights Reserved.