発声練習

発声の練習

ボイストレーニングでの発声法とは、腹式呼吸による腹式発声になります。 発声の訓練として大切なのは、けっして焦らない事です。 また、呼吸法と同じ様に身体に余計な力を入れず、リラックスして行なう事です。 ここで自宅でもできる簡単な発声練習を紹介します。 ボイストレーニングの成果をあげるためには必ず正しい姿勢で行なってください。 まず、ゆっくりと大きく息を吸い込みます。 ボイストレーニングの基本の腹式呼...

発声練習について

発声練習とは、いわゆる声を出す訓練の事です。 発声練習は、アナウンサーや声優、俳優、歌手などの声を仕事としてしている方たちには欠かせない毎日の訓練法です。 しかし発声練習は、そのような方たちだけが行なう特別なものではありません。 発声練習を行なう事で健康維持に役立ったりするので、一般人の私たちにとっても有意義な方法と言えるでしょう。 ただし、発声練習は正しい方法で行なわないと、喉を痛めてしまったり...

ストレッチのやりかた

声を出すためには身体を柔軟にする必要があります。 身体に余分な力が入っていると思うように声が出せないのです。 そのため、発声練習をする前には必ずストレッチを行ない、身体をリラックスさせるのです。 全身をリラックスさせるのですが、特に、顔や肩の筋肉や、顎から首の周りの筋肉をリラックスさせる事が大切です。 始めに、顔の筋肉を動かして柔軟にしましょう。 まずは、口を思いっきり開けます。 中途半端ではいけ...

発声練習のやりかた

発声練習で有名なものは、演劇部などの発声練習でもお馴染みの50音を「あえいうえおあお」と発音するやりかたです。 そのほか、早口言葉などいろいろなものがありますが、これらを用いる本来の目的は、50音のどの発音が上手くできないかを知るためもものであるので、単に発声が上手く出来ないからといって駄目だというわけではありません。 まず、口を大きく開け、腹式呼吸を意識しながら、胸に手をあてて発声してみましょう...

発声練習の注意事項

発声練習を行なう時は、次の事柄に注意して行ないましょう。 1、発声練習の前には必ずストレッチをする。 声を出すためには身体の筋肉を柔軟にする必要があります。 そこで、発声練習をする前にストレッチを行なって身体をリラックスさせます。 2、発声練習は正しい姿勢で行なう。 正しい姿勢ができていないと、いくら発声練習をしても上達しにくいといわれています。 3、喉を開き、腹式呼吸を心がける。 喉が閉まってい...

発声練習をしよう

声に磨きをかけ、人の心に響く魅力的な話し方ができるようになるには、やはり発声練習が必要になります。 日頃、声を出さないでいると、段々と声が出しにくくなってきてしまいますので、意識して声を出すようにしていくことが大事です。 そのための最適な方法が発声練習なのです。 発声練習は、自宅でも簡単に手軽に行なえます。 もちろん教室に通って本格的に学んで行なう方法もありますが、正しい方法さえ覚えてしまえば、お...

喉を開いた状態で行なう

発声練習を行なうには喉を開くことが大切になります。 喉が開いていない状態で、声を出そうとすると、声帯に負担がかかり喉を痛めてしまう可能性があるからです。 声帯に負担をかけないようにするには、顔の筋肉が自在に動かせるようになる必要があります。 顔の筋肉が柔軟になり自在に動かせるようになると、声を出す時に使用する口や口の周りの筋肉も動かしやすくなります。 すると、喉も開きやすくなり、発音も綺麗になるの...

自分にあった方法を探す

発声練習の方法はいろいろあり、これがもっとも良い方法だというものはありません。 幾つかの方法を組み合わせて行って、自分にあった方法を探し出すのが良いでしょう。 効果の上がらない方法で発声練習をしていても意味はないので、きちんと効果のでる方法で行なう事が大切です。 また、発声練習を行なう目的によっても訓練方法は違ってきます。 カラオケで歌を上手く唄いたいからしたいのか、安定感、安心感、信頼感を持たれ...

発声練習の大事なこと

発声練習は、ストレッチから始まり、クールダウンで終わります。 身体の筋肉を柔軟にしないうちから、いきなり声を出してはいけません。 ストレッチで十分に身体の筋肉を解してから行ないます。 終わったあとには、疲れた喉をリラックスさせるためにクールダウンも必要です。 そして、腹式呼吸をするための訓練も忘れずに行ないましょう。 腹式呼吸を身につけることが、発声練習の基本ともいわれています。 きちんと腹式呼吸...

発声練習は最良の健康法

発声練習を続けていくと、どのような効果があるのでしょうか? たとえば、自分に自信がつく、集中力が身につく、健康が維持できる、頭の回転が速くなる、ヒーロング効果が生まれるなどです。 声を出すという事は、ストレスの発散にもなるので、発声練習をすると、ストレスが解消されて身体がリフレッシュされます。 発声練習をするときに必要不可欠な呼吸法の腹式呼吸は、胸式呼吸より脳波がリラックスしている状態になるので、...

発声練習って

発声練習とは、いわゆる声を出すトレーニングの事です。 声は、息を送られることで声帯が振動して音となったものです。 この声帯を調整する筋肉を鍛える事によって、響きのある良い声が出せるようになるのです。 声帯の筋肉を鍛えることも発声練習の一部です。 声というものは、日頃からきちんと出していないと、出にくくなってきてしまいます。 また、年をとると気管が細く弱くなり、息が苦しくなって声も出にくくなってくる...

発声練習の前には

発声練習を行なう前にはストレッチを行ないましょう。 緊張して身体がこわばっていては良い声は出せません。 そこで、リラックスさせるためや身体の筋肉を柔軟にするために、ストレッチを行なって身体全体の緊張をほぐします。 胸から肩や首に力が入り過ぎていると、咽喉周辺の筋肉も緊張して、喉が締め付けられている状態になってしまいます。 この状態で声を出すと、喉を痛めやすくなってしまうのです。 喉を痛めないために...

発声練習の呼吸法

発声練習の基本は、腹式呼吸でのトレーニングです。 腹式呼吸だと、身体に深く息が入り、吐く息の量も多くなって、大きく通る声が出せるようになるのです。 また、腹式呼吸は緊張を取り除き、集中力を高めるという精神的な効果もあります。 腹式呼吸をするためには腹筋を上手く使えるようにする必要がありますが、腹式呼吸の感覚がわからない場合は、仰向けに横たわって呼吸をしてみましょう。 人はリラックスしている状態だと...

発声練習は誰がする

アナウンサーや俳優、合唱団、演劇、声優など、発声練習を必要とする職業はたくさんあります。 最近では、大勢の前で、会議やプレゼンテーションをしたりするビジネスマンも発声練習を行なっているようです。 発声練習の目的は、大きな声を出す事や、滑舌を良くする事にあるので、人前で話しをすることの多い職業の人だけでなく、声を大きくしたい人や、滑舌を良くしたい一般の人たちも行なっています。 また、発声練習は音痴対...

発声練習は健康のもと

身体の内側を響かせて、声を出す発声練習は、自然に身体を活性化させ体温を上昇させます。 その結果、老化を防ぎいつまでも若々しい声と身体を保つ事ができるのです。 お腹から声を出すと、ストレスの発散やダイエットになったりするのです。 腹式呼吸でお腹から声を出す発声練習は、健康にとても良いのです。 腹式呼吸は、体内に酸素を多く取り入れることができるので、細胞を活性化し、心を落ち着かせる要素もあります。 ま...

発声練習には

発声練習には、大きく口を開けて行なう、はっきりと発音をするためと、口を少しだけ開けて行なう、地声を生かす方法や、横隔膜を鍛える方法があります。 口を大きく開けて発声すると、自然と大きな声が出ます。 しかし、これだと声帯が開いてない場合が多いのです。 声帯が開いてない状態での発声は、声は大きくても綺麗に響かない声になってしまうのです。 そこで、口を少しだけ開けて行なう練習も必要になってくるのです。 ...

発声練習の口の動かし方

発声練習をするにあたり、「あ」は喉に力を入れず、長く静かに発声する事がポイントになります。 「い」は、上下の歯が軽くかみ合うような感じで長く静か発声するようにします。 「う」は、口をすぼめる感じにして長く静かに発声するようにします。 「え」は、下の歯の裏側に舌が当たるような感じで長く静かに発声するようにします。 「お」は、口を大きく開けて、舌を少し口の中で下のほうに置く感じにし、喉仏がみえるよな感...

発声練習

発声練習の基本となる練習文に「あえいうえおあお」というのがありますが、これは普通の五十音とは違います。 下記に練習文を表記しますので、練習を行なう際の参考にしてみて下さい。 「あ・え・い・う・え・お・あ・お」 「か・け・き・く・け・こ・か・こ」 「さ・せ・し・す・せ・そ・さ・そ」 「た・て・ち・つ・て・と・た・と」 「な・ね・に・ぬ・ね・の・な・の」 「は・へ・ひ・ふ・へ・ほ・は・ほ」 「ま・め・...

割り箸を使った発声練習

人がもっとも自然な状態で発っする声を地声と言います。 この地声を活かす発声練習法に、割り箸を口を挟んで行なう方法があります。 割り箸を使った方法を行っていくと、言葉が口に籠もらなくなるようになります。 また、変なところに力が入らず、声帯も開きやすくなるので、通常よりも良い声が出せるようになるのです。 この方法のやり方は、割っていない割り箸の平らな面を奥歯で噛んで固定をします。 その状態で、舌や唇の...

身の回りのものを使った発声練習

声量をアップするためには、横隔膜を鍛える必要があります。 横隔膜は声量の強さに関係しているのです。 横隔膜を鍛えるための方法として、ティッシュを使ったやり方があります。 まず、ティッシュを3枚くらい丸めて口にくわえ、落とさない程度の力で固定します。 その状態で、腹式呼吸を意識しながら息を吸い込み、「ん?」と息を吐ききるまで発声します。 この方法を続けていくと、声の響きを上へあげる感覚が身につき、声...

おすすめグッズ

サイトMENU

Copyright (C) 自分でボイストレーニング 発声練習講座. All Rights Reserved.