自分でボイストレーニング 発声練習講座 TOP >  ボイストレーニングの方法

ボイストレーニングの方法

簡単に出来るボイストレーニング?

ボイストレーニングの基本は腹式呼吸を訓練する事です。 ボイストレーニングと聞くと難しく考えてしまいそうですが、まずは腹式呼吸をマスターしましょう。 ボイストレーニングの基本となる腹式呼吸をマスターすれば、自然と綺麗な声を出せるようになります。 ボイストレーニングの基本の腹式呼吸の訓練は、発声の練習と違い大きな音を出さないので、どんな場所でも練習することができます。 腹式呼吸の訓練方法としては、自然...

簡単に出来るボイストレーニング?

ボイストレーニングの基本となるのは腹式呼吸だという事を紹介しましたが、その腹式呼吸の呼吸でお腹に声を響かせる発声法を腹式発声といいます。 腹式発声の訓練方法には、声域を広げる、声帯原音をコントロールする、音感を鍛える、共鳴をコントロールする、滑舌をよくするなど、様々なトレーニング方法があります。 ここでは簡単に出来る発声のボイストレーニング方法を紹介します。 まず、自分の好きな曲のCDをかけます。...

ボイストレーニングのコツ

ボイストレーニングにも、コツがあります。 それは、頑張り過ぎず、地道に継続して練習をすることです。 ボイストレーニングの成果を早く出そうと、頑張り過ぎて行なっては逆効果です。 すぐに結果が出なくても、諦めずにボイストレーニングを続けるということが大切なのです。 発声を自由自在にコントロールをすることは簡単な事ではありません。 ボイストレーニングを行ったからといって、すぐにコントロールできるようにな...

ボイストレーニングの基本練習

ボイストレーニングの基本となる練習は、呼吸法と発声法です。 呼吸法というと、一般に大きく2つにわけられます。 胸郭をなるべく動かさないで行なう呼吸法の腹式呼吸と、肋骨を大きく広げて息を吸う呼吸法の胸式呼吸です。 ボイストレーニングの基本となる呼吸法は腹式呼吸のほうになります。 腹式呼吸は、必要に応じて、ゆっくりとスムーズに息を吐くことができるので、声のコントロールがとてもしやすくなります。 また、...

発声の基本

ボイストレーニングでは、正しい姿勢と、正しい呼吸法を覚えたら、次は発声の練習になりますが、ここで発声の基本を少し述べます。 発声とは、発声構造ともいい、声帯が肺から起こる気流に対して行なう働きの事をいいます。 簡単にいえば、声帯を息で振動させて音(声)を出すという事です。 振動が大きければ強く大きな音が響き、小さければ弱く小さな音で響きます。 また、振動が速ければ高い音になり、遅ければ低い音になり...

ボイストレーニングの呼吸法と発声法

ボイストレーニングでは、正しい呼吸法と発声法を学びます。 ボイストレーニングの呼吸法は腹式呼吸になります。 人は、口と鼻の2箇所を使って呼吸をすることができます。 口呼吸は空気の中の病原菌を直接、体の中に取り込んでしまうことになるので、鼻呼吸をの方が健康のためには良いでしょう。 鼻呼吸の方が口呼吸に比べ、より多く息をゆったりと吸うことができるので、ボイストレーニングも適しています。 また、ボイスト...

ボイストレーニングで行なう事

ボイストレーニングとは、一体どのようなことをするのでしょう。 まずは、始める前に準備運動のようなものとして、身体をストレッチします。 身体のストレッチは、ボイストレーニングに必要不可欠です。 ボイストレーニングの効果をあげるためにも必ずストレッチを行ないます。 ストレッチのあとは、呼吸法を学びます。 ボイストレーニングの呼吸法は腹式呼吸です。 良い声を作るには、腹式呼吸が必要です。 ボイストレーニ...

ボイストレーニングの正しいやり方

ボイストレーニングの正しいやり方とは、正しい姿勢で行なうという事です。 正しい姿勢とは、肩や背中など、身体に余分な力が入っていない姿勢のことです。 この基本の姿勢がなってないと、喉を痛めてしまったりして、ボイストレーニングの成果はあがりません。 まずは、正しい姿勢を普段から習慣にすることが大切です。 そして、必ず始める前にはストレッチを行ないます。 ストレッチを行なう事によって、ボイストレーニング...

簡単な呼吸の訓練方法

仰向けに寝転んで全身の力を抜き、リラックスして呼吸をして下さい。 呼吸に合わせて、お腹が上下するのがわかると思います。 これが、基本の呼吸、腹式呼吸です。 立った状態で練習するときは、丹田(たんでん)という、おへそから5cm前後のところが、息を吸ったときに膨らみ、吐いたときにへこむという感じを意識して下さい。 出きるだけ息を吐ききるようにして、お腹がぺしゃんこになった状態で、へこんだお腹を元に戻す...

簡単な発声の練習方法

ボイストレーニングの発声法は、腹式呼吸による腹式発声です。 まず始めに、喉に力を入れずに、自分が1番出しやすい高さの声でどのくらい出し続けることができるかをやってみます。 このとき、正しい姿勢で行うことを忘れずにしましょう。 声が続かないからといって、喉をしめて声を出してはいけません。 声が震えたりして、音量が出し初めと終わりで違ってしまっては、訓練の意味がなくなってしまいます。 最初のうちは10...

ボイストレーニングを学ぶ方法

ボイストレーニングを学ぶ方法には、教室に通う、本を読む、CDやDVDを観るなど様々なものがあります。 ボイストレーニング教室で学ぶ方法を選ぶ時は、体験レッスンに参加してみるのも良いでしょう。 ボイストレーニング教室の中には、無料で体験レッスンを行なっているところもあります。 ホームページやパンフレットでボイストレーニングの教室の内容を見るだけでは、そのボイストレーニング教室が自分にあったものかはわ...

ボイストレーニングで注意する事

ボイストレーニングの発声方法は、身体の外側から内側まで、でも、むやみに体に力を入れて行なってはいけません。 体に無理な力が入っていると呼吸法も正しく行なえなくなってしまいますので、ボイストレーニングを行なうときは体の力を抜いてリラックスしましょう。 ボイストレーニングに限らず、何かを練習する時に大切なことは集中するということです。 しかし、集中することは脳の疲労を伴いますので、長く保てるものではあ...

ボイストレーニングの方法

ボイストレーニングを行なうときは、まず体に余分な力を入れずにリラックスして正しい姿勢で立ちます。 正しい姿勢を保つのは難しいかもしれませんが、首がリラックスしているということを意識すると良いでしょう。 次に呼吸法です。 ボイストレーニングで大切なのは腹式呼吸ですが、難しく考えずに、ただお腹で息を吐くという事を意識しながら、息を強く吐いたり弱く吐いたりしながら、少しずつ長く息を吐けるように練習をして...

ボイストレーニングは正しい方法で

ボイストレーニングを正しい方法で習うと、声がよく通るようになって、挨拶などもはっきりと聞こえるようになり、自分自身も周りも明るくなります。 ボイストレーニングの正しい方法とは、腹式呼吸で声帯に負担をかけないように発声練習をするという事です。 ボイストレーニングを行なう際に大切なのが腹式呼吸であって、その腹式呼吸は腹筋、背筋を使って瞬時に息を吸えたり強く吐けたりします。 息を自由に操ることができれば...

おすすめグッズ

サイトMENU

Copyright (C) 自分でボイストレーニング 発声練習講座. All Rights Reserved.