胸振発声法とは

ボイストレーニングにおける胸振発声法とは、音声をあばら骨に伝えるような気持ちで、あばら骨とその周囲の筋肉に響かせる発声法をいいます。 簡単に言うと、呼吸はお腹でして、音声はお腹ではなく胸に響かせるという方法です。 歌手や歌手を目指している人などのボイストレーニングは、腹式呼吸による腹式発声になりますが、日常、普通に会話をするためには、お腹から声を出すこともないので、胸振発声法の方が活用できます。 このボイストレーニングの方法は、座った状態で、軽く胸を張り、上体をまっすぐにして、胸に手をあて発声します。 胸にあてた手で、自分の声が響いてることを確かめながら行なう事が大切です。 ボイストレーニングを行なっていくと、呼吸と発声のタイミングが合い、上手に身体を響かせる声が出せるようになります。 この身体を響かせ声が、本当の自分の声なのです。


おすすめグッズ

サイトMENU

Copyright (C) 自分でボイストレーニング 発声練習講座. All Rights Reserved.