腹式呼吸のコツ

腹式呼吸ができているか確認してみます。 まず仰向けに寝ます。 そして、リラックスしてゆっくり呼吸をします。 すると、お腹が上下します。 腹式呼吸のお腹の上下が分かりづらい人は、お腹の上にある程度の重さがある本などを置いてみてください。 では、次に立った状態で腹式呼吸を確認してみます。 まずおへそから指3本分くらい下の部分に手のひらをあてます。 そこは「丹田」というところです。 この丹田を中心として、その周囲を含めて空気のポンプの役割をしています。 息を吐き切ったところで息を吸っていくと丹田のあたりのお腹が膨らんできます。 この状態が腹式呼吸です。息を吸いすぎると腹式呼吸ではなく、胸式呼吸になってしまうので注意が必要です。 腹式呼吸ができている場合は、肩や胸が上下することがないので、鏡で見ながら行うことをおすすめします。 また、息を吸うことだけを意識するのではなく、息を吐くことも意識することを忘れないことが大切です。


おすすめグッズ

サイトMENU

Copyright (C) 自分でボイストレーニング 発声練習講座. All Rights Reserved.