腹式呼吸と胸式呼吸

「腹式呼吸」とは、横隔膜を大きく使う呼吸です。 腹式呼吸による横隔膜の動きによって声を安定することができます。 腹式呼吸は、ゆっくり呼吸をするとお腹が上下します。 ボイストレーニングでは、始めに腹式呼吸による横隔膜に働きかけるようなことから行います。 舌も緊張した状態では声帯にも影響してしまうので、腹式呼吸によるボイストレーニングを行うことも大切です。 腹式呼吸による息を吸い、お腹を膨らませればよいということではなく、背中部分にも動きが感じられるような腹式呼吸を行います。 しかし、息を吸いすぎると腹式呼吸ではなく、胸式呼吸になってしまうので注意が必要です。 「胸式呼吸」とは、首の筋肉や肋骨の筋肉を使って呼吸をします。 そのため、肩や胸に力が入りやすく、肩や胸が上下に動きます。 そして、活発に交感神経が働くためリラックスできないのです。 現代の人は、この胸式呼吸をしている人が多く、日ごろ緊張した状態になることが多いといえます。


おすすめグッズ

サイトMENU

Copyright (C) 自分でボイストレーニング 発声練習講座. All Rights Reserved.