口と鼻による呼吸

体に空気を吸い込んだり、吐いたりすることは、口と鼻のどちらでもすることができます。 その口や鼻のどちらかを主としているので、口と鼻のどちらでしているか確認してみてください。 口で行っている人は、「喉や唇が渇く」「無意識に口が半開きしている」「いびきをかく」などの症状が見られます。 このように口で行っている人は、口から病原菌を体に取り込んでしまう可能性も高く、健康を考えると口で行うことを避けることが大切です。 また、鼻で行っている場合は、口で行っているよりもゆっくり呼吸することができ、多くの酸素を体に取り込むことができます。 話をするときも口呼吸の場合は、呼吸と発声を同時に口で行うことになります。 そのため、話し方にも影響して、酸素の取り込む量も減少します。 少ない酸素量で話をすると、早口になります。 もしくは、話の語尾では声が消えてしまうこともあります。 したがって、口よりも鼻で呼吸するほうがおすすめです。


おすすめグッズ

サイトMENU

Copyright (C) 自分でボイストレーニング 発声練習講座. All Rights Reserved.