呼吸と話し方

話をすると、「どうしても早口になってしまう」「語尾の声が消える」という人は、話がスムーズに進まないことなどがあります。 それだけでなく、「自信がなさそう」「せっかち」などあまりよいイメージを相手に与えず、イメージダウンさせてしまうことがあります。 これらを改善するには、話し方を注意するだけでは難しいです。 なぜなら、呼吸の仕方に問題があるからです。 発声するというのは、吐く息を声帯や体の内側で響かせて音にしています。 ですから、リラックスした状態で話せるようにすることが大切です。 そこで、おすすめの呼吸法に「腹式呼吸」があります。「腹式呼吸」とは、横隔膜を大きく使う呼吸です。 腹式呼吸による横隔膜の動きによって声を安定することができます。 腹式呼吸は、ゆっくり呼吸をするとお腹が上下します。 舌も緊張した状態では声帯にも影響してしまうので、リラックスした状態で行う腹式呼吸によるボイストレーニングを行うことも大切です。


おすすめグッズ

サイトMENU

Copyright (C) 自分でボイストレーニング 発声練習講座. All Rights Reserved.