腹式呼吸と発声

お腹から声を出すことで、声帯に大きく負担をかけることが解消されます。お腹を使わず喉からの発声では、喉を傷めてしまいます。そのため、声を使う仕事に携わるアナウンサーなどは、腹式呼吸を習得することが大事です。アナウンサーなどは、声のトーンやニュアンスなども必要とされるので、声が遠くまで通るような練習を行います。腹式呼吸は横隔膜を大きく動かしてする呼吸方法です。この横隔膜の動きによって声を安定することができます。ボイストレーニングでは、始めに横隔膜に働きかけるようなことから行います。舌も緊張した状態では声帯にも影響してしまうので、リラックスした状態でのボイストレーニングを行うことも大切です。息を吸いお腹を膨らませればよいということではなく、背中部分にも動きが感じられるように行います。しかし、息を吸いすぎると腹式呼吸ではなく、胸式呼吸になってしまうので注意が必要です。腹式呼吸ができている場合は、肩や胸が上下することがないので、鏡で見ながら行うことをおすすめします。


おすすめグッズ

サイトMENU

Copyright (C) 自分でボイストレーニング 発声練習講座. All Rights Reserved.