腹式呼吸の練習

まず正しい姿勢で立ちます。正しい姿勢とは、1.重心はくるぶしの前あたりにかかるようにします。2.膝を伸ばします。3.お尻を引き締め、お腹を引っ込めます。4.背筋を伸ばし、あごを軽く引きます。5.頭が上に引っ張られる感じに立ちます。その姿勢ができたら、腹式呼吸を行います。腹式呼吸とは、お腹が息を吸うと膨らみ、吐くとへこむ感じにお腹が上下します。では、腹式呼吸を身につけるにはどうしたらよいか方法を紹介します。1.おへそから指3本分くらい下の部分(丹田)に手のひらをあてます。息を吸うとお腹が膨らみ、吐くとお腹がへこむことを意識します。2.左右の手のひらをお腹の前で何かを捧げ持つように上に向けます。3.ゆっくりとその手を上げながら、息を吸います。お腹の膨らみを意識します。4.左右の手ひらを肩の高さで返します。5.ゆっくりとその手を下げながら、息を吐きます。肩に力を入れないように注意します。息を吸いすぎると腹式呼吸ではなく、胸式呼吸になってしまうので注意が必要です。


おすすめグッズ

サイトMENU

Copyright (C) 自分でボイストレーニング 発声練習講座. All Rights Reserved.