腹式呼吸ダイエット

呼吸には、横隔膜を大きく使う呼吸「腹式呼吸」、首の筋肉や肋骨の筋肉を使って呼吸「胸式呼吸」があります。人は寝ているときは腹式呼吸をしています。そして、起きているときは胸式呼吸をしていることが多いようです。腹式呼吸は、呼吸によって横隔膜が動き、その刺激が脳へ伝わります。すると、自律神経から視床下部へ伝わります。そのため、自律神経のバランスを整え、心も体もリラックス状態にしてくれます。そして、腹式呼吸をすることで大胸筋も鍛えられるために基礎代謝が向上します。基礎代謝が向上するため、ダイエット効果も期待できます。また、腹式呼吸によってお腹が上下するため、腹筋を鍛えることも可能です。腹筋を鍛えるといっても、適度なものであり、お腹につきやすい体脂肪を燃焼しやすい体質になる程度です。腹式呼吸による効果には、血行改善、便秘解消、冷え性解消などもあります。腹式呼吸は、座っていても、立っていても、仰向けに寝ていても行えます。そのため、時間や場所などを気にすることなく、自分のペースで行うことができます。


おすすめグッズ

サイトMENU

Copyright (C) 自分でボイストレーニング 発声練習講座. All Rights Reserved.