腹式呼吸による発声法

「歌を歌う」などどんな場合でも、呼吸の仕方に関係なく声を出すことはできます。しかし、呼吸の仕方によって、声の出し方や安定の度合いに違いがあります。日ごろの生活の場合は「胸式呼吸」をしていることが多いです。この呼吸の仕方では、横隔膜の動きも小さく、息の吸い方も浅くなることもあります。そのため、呼吸も安定せず声をコントロールするには難しいです。ですから、歌を歌うなどは「腹式呼吸」による発声が適しています。腹式呼吸は横隔膜を大きく動かしてする呼吸方法です。この横隔膜の動きによって声を安定することができます。ですから、ボイストレーニングでは、始めに横隔膜に働きかけるようなことから行うのです。息を吸いお腹を膨らませればよいということではなく、背中部分にも動きが感じられるように行います。しかし、息を吸いすぎると腹式呼吸ではなく、胸式呼吸になってしまうので注意が必要です。腹式呼吸ができている場合は、肩や胸が上下することがないので、鏡で見ながら行うことをおすすめします。


おすすめグッズ

サイトMENU

Copyright (C) 自分でボイストレーニング 発声練習講座. All Rights Reserved.