呼吸の種類

呼吸には、「腹式呼吸」「胸式呼吸」「逆腹式呼吸」の3種類があります。「腹式呼吸」とは、横隔膜を大きく使う呼吸です。腹式呼吸は、リラックスした状態からゆっくり呼吸をするとお腹が上下します。お腹の上下が分かりづらい人は、お腹の上にある程度の重さがある本などを置いてみてください。本が上下すると思います。「胸式呼吸」とは、首の筋肉や肋骨の筋肉を使って呼吸をします。そのため、肩や胸に力が入りやすいです。そして、呼吸すると肩や胸が上下に動きます。この呼吸では、活発に交感神経が働くためリラックスできない状態となります。現代の人は、この胸式呼吸をしている人が多いです。この胸式呼吸が多いということは、日ごろ緊張した状態になることが多いといえます。つまり、呼吸の方法を胸式呼吸から腹式呼吸に変える必要があります。腹式呼吸は交感神経の働きを抑制し、副交感神経を働かせるため、体も心もリラックスすることができるのです。


おすすめグッズ

サイトMENU

Copyright (C) 自分でボイストレーニング 発声練習講座. All Rights Reserved.